一人前になるには学習し続けるべし

IT技術者として一人前になるために

学習し続けよう!

学習し続けよう!
Share on GREE
Pocket

学習習慣をつけておく

一人前の技術者になるためには、とにかく学習し続ける必要があります。初心者の頃は新人として覚えるべきことも多く、企業が研修や実務を通じて教育をしてくれますが、社内で学ぶのは最低限必要とされることが中心で、それ以外のことを身に付けたいと思うなら企業の力を借りずに自分で学習する習慣を作るしかありません。今の時代は終身雇用が当たり前だった時代とは状況が全く違うので、転職しながらキャリアアップしていく人が大勢います。かつては、入社さえできれば定年まで安心していられたような企業も多く、大企業と呼ばれるところに入社できれば将来安泰と思われていたものです。しかし、今は一見安定しているように見える大企業でも何が起こるかわからない時代なので、社内で受ける教育と実務だけでは成長が見込めないようならば、他でも通用するようなスキルを身に付けておいた方が安全なのではないでしょうか。

費用をかけて学習することにはメリットがある

業務に必要な範囲内であれば、学習費用を企業で負担することもありますが、それ以外のことは自己負担となるのが普通です。今すぐ必要なわけでもなく、今後いつ使うことになるかもわからないスキルの習得にお金を払うことに迷いを感じるかもしれませんが、学習にかける費用は未来の自分への投資と考え、吸収力のある若いうちから始めておくようにすると、結局は自分が将来得をすることになるでしょう。個人的に学習をしないならば、キャリアプランは現状持っている技術の範囲内ということになってしまいますが、ずっと学習し続けるならば、それまでの経験にプラスの価値を付けて次へステップアップすることを視野に入れることができます。仕事をしながらプライベートでも学習するのは負担かもしれませんが、IT技術者のキャリアプランを考えていくと、そうとも言っていられない現実があるのです。

若い時に学習しなかったことの影響は将来に及ぶ

年齢が若い技術者の転職は歓迎されることが多いものですが、30代後半にもなってくると技術者の転職は難しいものになってきます。年齢が高ければそれだけ様々な経験と実績を持っている人材も多いですが、どんどん技術が新しくなるITの世界においては、吸収力のある若い人材の方がベテランよりも勝っている場合が少なくありません。また、年齢を重ねていくと適応力も衰えてくるので、新しい技術や環境の変化についていくことが若い時より難しく感じるようになります。極論を言えば、学習し続けなくても技術者として仕事をすることは可能ですが、初心者のうちから学習習慣のある人とそうでない人では、一人前の技術者になってからさらに先へステップアップしたい時に大きな差が出ることになるでしょう。