一人前の技術者がフリーランスとして働くメリット

IT技術者として一人前になるために

独立のメリットから検討しよう!

独立のメリットから検討しよう!
Share on GREE
Pocket

技術者として成熟したらフリーランスを検討する

一人前の技術者と呼べるような状態にまで成長すると、次の選択肢としてフリーランスが浮上します。独立すると、会社員として働いていた時にはそこまで気にしなかったようなことを意識しなければならなくなります。特にITの世界はトレンドの流れがとても早いので、技術者として売れるスキルを持ち続けるためにも、最新のニーズを察知するようアンテナを張っておく必要があります。IT技術者はフリーランスとして活動しやすい職種ですが、それでもやはりリスクが気になって踏み込めないという人も少なくありません。
しかし、既に一人前の技術者として通用するまでになっているのであれば、フリーランスになっても十分にやっていけるスキルは持っているのです。フリーランスは決していいことばかりではないかもしれませんが、メリットはたくさんあります。そのため、フリーランスのメリットとデメリットを比較してメリットが上回るのであれば、挑戦してみる価値は大いにあるのではないでしょうか。

収入もスキルもさらにアップ

フリーランスのメリットにスポットを当てて見てみると、魅力的なポイントがたくさんあることがわかります。まず、フリーランスになって最も感じるのはその自由さです。仕事をするもしないも自分次第で、全てのことを自分で決定することができる自由があるというのは技術者にとって魅力的です。また、フリーランスになると、受け取る報酬が会社に吸収されることなく全て自分のものになるので、会社員時代と同じような仕事をしても必然的に収入は高くなります。保険や年金などは全額負担になるので、その分を差し引いて考える必要がありますが、それでも余りある収入を得ることは可能です。
また、フリーランスの技術者にとって嬉しいのが、自分のやりたい仕事を選べるという点です。得意分野に特化して仕事を選んでいけば、仕事を通じてスキルアップしつつ専門性を高めていくことができるので、プロの技術者としての価値をさらに高めることができるでしょう。仕事の幅をもっと広げたいということであれば、新しい分野へ進出することも自由に行えます。

実績が人脈につながる

独立してコツコツと実績を積んでいくと、アピールできるポイントが増えてくるので、説得力のある営業を行うことができるようになります。また、仕事を続けていると人脈が増えるので、以前携わったプロジェクトの関係者から声がかかったり、他の仕事を紹介してもらう機会があったりと、営業活動に力を注がなくても人を通じて仕事が入ってくる可能性があります。人脈が増えてくると仕事はやりやすくなりますが、そのような状況にするには、ひとつひとつの仕事に誠実に取り組んで信頼を得るよう努力することが大切です。