一人前のIT技術者を目指す中堅者の方へ

IT技術者として一人前になるために

中堅者はココをマスター!

IT技術者としての経験を経て中堅者にまで成長したら、次に目指すは一人前の技術者ということになるでしょう。そうなるためにはいくつかマスターしておきたいことがあります。まず重要なのはコミュニケーション技術ですが、これは一般的に言う社交性を伴ったコミュニケーションのことではありません。また、多くの技術者が敬遠したがるドキュメントスキルも重要です。それらのスキルを身に付ける頃には、プロジェクトマネージャーにふさわしい人材へと成長していることでしょう。

コミュニケーション技術を身に付けよう!

コミュニケーション技術を身に付けよう!

IT技術者として一定の経験を経てきた中堅者が、さらにステップアップするために必要なのがコミュニケーション技術の向上です。ただし、ここで言うコミュニケーション技術とは社交的なコミュニケーションのことではなく、仕事上必要な情報をお互いに交換し、認識を共有するために必要なコミュニケーションです。そのため、話題を考えて雑談を盛り上げる必要はなく、相手が何を望んでいるかを的確にイメージし、自分から伝えるべきことをわかりやすく伝えられればいいのです。

ドキュメントスキルを身に付けよう!

ドキュメントスキルを身に付けよう!

ドキュメントの作成は、多くの技術者が苦手としている分野です。特に、プロジェクトの概要について頭の中である程度まとまっている技術者であれば、詳細なドキュメントがなくてもシステムは作れるという考えを持っていることも少なくないため、ドキュメントの充実にはあまり積極的になれず、最小限の内容にしてしまうこともあります。しかし、中堅技術者から一人前の技術者になるためには、ドキュメントスキルの向上がとても大切なのです。

マネージャーの役割を知ろう!

マネージャーの役割を知ろう!

中堅者を脱して一人前のIT技術者を目指すなら、プロジェクトマネージャーの役割をしっかりと理解しておきましょう。マネージャーになると、プロジェクト全般の管理を任されることになります。スケジュール調整やメンバーの配置など、コストと納期に合わせてバランス良く配分しなければならず、重要な意思決定権も持っています。マネージャーの采配次第でプロジェクトの行方が左右されるので、責任感とメンタルの強さも求められます。